おいしいシャインマスカットと藤稔「枝を固定する編」#03

こんにちは。タイラファームの広報担当です。

タイラファームでは、毎年8月中旬からシャインマスカットと藤稔のぶどう狩りができます。

本日はおいしいぶどうを作るため、ぶどうの枝を固定する作業について取材しました。

なんだか園主のサングラスが気になります…

枝を固定することを誘引(ゆういん)と言います。

誘引は枝と枝の間隔を空け、ぶどうの実を棚の下に垂れるように、棚に枝を固定すること。

棚に枝を固定することで、房作りの作業がしやすくなります。また葉っぱの光合成がしやすくなります。

しかし、藤稔はシャインマスカットに比べて、枝の固定が難しいと言われています。

藤稔の枝の固定が難しい理由

藤稔の枝の固定が難しい理由は、シャインマスカットに比べ、幹と枝の根元がとてもやわらかく折れやすいんです。

その折れやすさは風が吹いただけで折れてしまうほど。

そのため、幹と枝の部分を固めるために、シャインマスカットに比べ2週間ほど後に枝の固定を始めます。

枝を固定するための3つのコツ

枝を固定するにあたり、3つのコツがあります。

1.蔓をとる(下準備)

まず蔓はとる。蔓は格子の棚に絡みます。作業の効率化を図るために蔓はとってしまいます。

サングラスは枝からでるつぶつぶ(真珠腺)が入らないようにするためなんですって

ちなみに枝についているつぶつぶは木が元気な証拠とのこと。

2.枝を固定しやすいように枝を捻る

青いぶどうの枝の部分を捻ります。

枝を捻ると骨を鳴らしたようなポキッと音がします。

3.棚に枝を固定した後はテープでとめる

枝が暴れないように、テープで留めます。枝と枝に間隔ができました。

枝の固定をすべて終えました。

ぶどうは木漏れ日ぐらいの光が好きなんです。

これでおいしいぶどうが育つ環境が整いました。

「今年は仕上がりイメージを意識して、あらかじめ固定しやすい枝だけを残しているからうまくいったよ」と園主。

サングラスに隠れた目が光っていました。ちなみにサングラスはRay-Ban。

ますます8月のぶどう狩りが楽しみになってきました。